オーナー様の声

それぞれのご家族の「家づくり」や「住んでから」のことを、入居済みのお客様にアンケートを元にインタビューでご協力頂きました。ログハウス21のこれからに活かしたいというのと、これから家を建てられる皆様のお役に立てればと思っています。

マシンカット I様

・・・新居で特に気に入っているところはありますか。

全部ですね。夫はここ(薪ストーブの前)だけど、どこも妥協しないで、季節とかいろんなことを考えて決めたから、住んでみてから不便なところがないし、プランの都合でリビングの窓を低くすることを提案してもらったことも、座った時に調度いい眺めが見られます。一階に部屋をつくるかどうか迷ったけれど、やっぱり一階に部屋があってよかったです。(二階はオープンなので)ここがなかったら着替える場所がないですね。 家は最小限の広さだから、狭いかもしれないと想像していたけれど、実際には使いやすい十分な広さでした。

・・・住んでみて、ログハウスのよさとか魅力はどんなところだと感じていますか。

木の香りと雰囲気がすごくいい。親や友達が遊びに来ると「木の香りがすごい。」「癒される」とよく言ってくれます。私たちはもう慣れてしまった。

・・・家を建てようと思い立ったきっかけは?

(ご主人)子どものころから、ログハウスがよかった。ずっとスキーをやっていて、スキー小屋といえばログハウス。こういうのを自分の家にしたいと思っていました。結婚した時から言っていて、私の夢に妻が賛同してくれました。
(奥様)ログハウスは特別な趣味を持った人が住む家だと思ってました。一般的な住宅と比べて価格が高いというのも知っていましたし、近くにあるログコテージは遊びに行ったときに泊まる場所だったから、私たちが住宅として暮らすということを、はじめは想像できなかったです。実際に住んでみて、気に入っています。もしかしたら今は夫以上かもしれません。ハンドカットにも住んでみたいと思うようになりました。メンテナンスがいらないというのが便利な暮らしだとしたら、メンテナンスをするというのは面白みがあるし夢があると思う。

・・・プランでこだわった点はどんなところですか。

(ご主人)屋根や玄関の方向と外観です。(奥様)使いやすさ。 打ち合わせが楽しかったですね。お二人に聴くとアイディアがいろいろ出てくるでしょう。全面的に希望を聴いてくれて、実現できるように相談にのってくれたし、気持ちをわかってくれてうれしかった。こうしたほうがよかったという後悔がないです。せっかく家を建てるなら自由設計がいいと思いました。プランや仕様とかすべてが決められていて、考えようがないというのは楽かもしれないけれど、それを考えるのも楽しかったし、照明ひとつ決めるのにもおもしろかった。自分達の好きなものがわかったし、想像力もついたと思いますね。

・・・工事中の職人の仕事ぶりや担当者についてお気づきのことがあったらお聞かせください。

ひたすらまじめだなと思いました。朝早いのにはビックリしましたけど・・・ みんないい人。あまりしゃべらないけれど、でも問いかけると丁寧に説明してくれる。

・・・これから楽しみにしていることはありますか。

薪ストーブはとても楽しんでいます。炎が見える暮らしはこんなにいいものなんですね。ダッチオーブン料理はやってみようと思っています。あとは土地が広いので悩むけれど、庭をどうしようかと考えるのも楽しいです。

・・・これからログハウスを建てる人のためにアドバイスがありましたらお願いします。

わたし達は細かなことを気にしてプランを考えたので、これから建てる人のために伝えるとしたら、生活していくための動線を十分に検討するのがよいと思います。家族の意見が違うことがあると相談にのってもらえたのがうれしかった。「まぁ、これでいいか・・・」と思ったら楽しくないかもしれない。

代表松延からIさんとの家づくりを振り返って

お会いして2度目に築4年目のマシンカット住宅へご案内させていただきました。実際に住んでいる物件を見て、住み心地やメンテナンスなど、オーナーご夫婦とも色々とお話ができて参考になったと思います。 Iさんご夫婦との打ち合わせは時に食事をしながら、半日以上になることもあり、時間をかけて行われました。とくに玄関の位置や屋根の向きを決定するまでに時間をかけました。ご主人の玄関は家の顔であるというお考えで決定しましたので、少し離れた幹線道路からもI邸の顔(正面)はよく映えています。ご主人と奥様のお考えは時に違うこともありましたが、打ち合わせにたくさんの時間をかけて話をしたこともあって、完成した時にはお互いにとても満足して頂きました。Iさんご夫婦が家づくりを楽しんでいる様子が感じられ、私たちも楽しくご一緒させて頂いたという感じです。土地がとても広く、ゆるやかな傾斜のある土地でしたので、着工前に何度も現地で図面を見ながら建てる場所のシュミレーションをしたことを思い出します。これから先、ご自分たちでつくるという畑やデッキがどうなっていくのか、訪れた時の楽しみにしたいと思います。